So-net無料ブログ作成

LED直管蛍光灯にトライ [DIY]

 昨日Upしたように、リビングの蛍光灯の安定器が2個寿命を迎えた模様です。
 全部で4本ありますが、内1台は、6年前に交換しています。
 今回、一気に2台が壊れました。まず間違いなく、寿命でしょう。
 蛍光管自体は6本くらいストックがあるので、今回も安定器を交換することも考えました。
 ですが、もはや時代はLED。特にリビングの蛍光灯は電気代にも影響大。そこで、LED直管蛍光灯を試してみることにしました。
 といっても、調べてみたら、入手可能な商品が存在したので、注文してみた、という段階です。安定器は不要(というか内蔵がふつう)で、AC100V直結なのは知ってましたが、安定器ありでも直接使えるものもあるんですね。これは知らなかった。ただしお値段が高いので、直結のみのタイプにしました。

 ポイントは、電球色(約3000K)がラインナップされていたこと。
 実際に、まだ生きている蛍光灯と併用すると、おそらく違和感があると予想していますが、とりあえず試して、良さそうなら4本全部これにしようかと企んでいます。

 AECO(エコ) AL-TI01-40-30B 22W LED直管蛍光灯 40W形 両側給電 G13口金 電球色 3000K

al-ti01-20-30-n-250.jpg


 今週末には届く予定ですが、壊れた安定器をバイパスして、100V直結の追加工が必要なので、一仕事必要です。LEDは指向性もありますから、調整も必要になりそうですね。

 蛍光管は余っていますし、安定器もまだ2台は生きてますから、こいつらは、玄関の明かりに転用することも企んでますが、それはしばらく先送りになりそうですなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。