So-net無料ブログ作成
検索選択

2010_GW_修理や整備07 [DIY]

 やっとこさたどり着いた,スノボのホットワックスです。

 まずはやり方から。Googleで検索していくつか参考になるサイトを探します。

 ・スノボーのスー

 ・自遊人

 ・air style

 要するに・・・,

  1.クリーニング
   クリーナ使用とWAXを使う場合があるようですが,とにかくまずはキレイにする。
   クリーナで簡単に済ませるのがよいようです。
   エッジのさび取りもやっちゃいます。

  2.ワックスがけ
   ベースワックスをかけてから,滑走ワックスをかけるなどの手法がありますが,そこまで要らないようです。
   滑走ワックスには雪質や温度に応じて種類がありますが,全天候型一発ですませますので,それを塗るだけ。

  3.ワックス剥がし
   スクレーパで剥がし,ブラッシングします。ホットワックスはアイロンで(高温で)ソールに浸透させるのが目的なので,表面に残ったワックスを剥がすのが大事なようです。ブラッシングも結局は細かい部分のワックスを掻き出すのが目的。

 ただし,今回はそのまま保管ですから,2.まで。錆止めも兼ねてエッジまでまったりワックスをかけて終了予定。
 

 シーズン終了に合わせて購入してあった道具がこちら ↓

DSC00266.JPG

 メンテセットに,さびおとしや幅広のスクレーパ,堅いブラシなどを買い足したもの。全天候型のワックスも買い足してありますが,セットのなかにベースワックスが入っているので,

 ・ベースワックス → 剥がし → 滑走ワックス を,やってみてもよいかもしれません。

 さて,ぼちぼちとりかかりますか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。