So-net無料ブログ作成

2010_GW_修理や整備02 [DIY]

 さて,本日は予定通り,カングーのオイル交換から。

 オイルを廃棄する際,それ用の紙パックのようなものが売っていますが ↓

オイルパック.jpg

 数百円でももったいないので自作しています。段ボールと買い物袋と新聞紙で,こんな感じ。

DSC00231.JPG

 オイルは,やはりelfを選びたいのですが・・・,量販店であまり種類がなく,Castrolを選んでしまうことが多いです。今回もこちら。

DSC00232.JPG

 はやりの省燃費をうたった低粘度は嫌っています。エンジンは欧州製ですし,あまり新しい設計ではないですから,ある程度の粘度でキチンとシール性を保ったほうが適していると考えているからです。

 カングーのボンネット,今時めすらしい前ヒンジ。なんとなくかっちょいい ♪

DSC00236.JPG

 傾斜のつよい自宅の駐車場。ジャッキアップするとちょうど水平に近くなるので,いつもこの状態で交換しています。

DSC00237.JPG

 ルノーのドレンボルトは,スクエア形状の特殊なものになっていますから,上抜きか,このレンチを用意することになります。我が家はトゥインゴ時代に購入したものがあるので,そのまま使えています。どうやら,8mmと10mmがあるらしい。。。
 もう場所が移ってしまいましたが,数年前まで近くにアストロプロダクツがあり,そこで入手しました。
多分これ

DSC00238.JPG 

 どぼどぼと出てくるオイル。ドレンワッシャーは買い置きがありましたのでそれを使用。今回で無くなったので,買い足しておく必要があります。

DSC00239.JPG

 しかし,このカングー(マイナー後の1.6L),オイルレベルゲージ自体が超見づらいところにあり,抜き差しも一苦労・・・。過去,一度エレメントも交換しましたが,それもまた超アクセスしづらいです。。。

 エレメントも買い置きがあるのですが,あまりに面倒なので1年点検のときに持ち込みで交換してもらっています。

 交換記録
  ・日付 : 2010/5/2
  ・距離 : 18,169km

 レガシィのブレーキランプバルブ交換に続く・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。