So-net無料ブログ作成

ルーフボックス [車]

 ルーフボックスを付けています。

Small2.jpg

 これ,昨年義弟が車を代えるときに余ったので運良くもらえた物です。
レガシィ用のアタッチメントだけ購入して取り付け ♪

Small3.jpg

 2009年の春くらいだったと思います。それまでは,屋根に箱をつけるなんて,考えもしませんでした・・・。
せっかくの大型サンルーフも台無し,空力は悪化し燃費は落ち,風切り音と振動で高速走行の快適性も悪化,立体駐車場(ほとんど使いませんが)もNGのところが・・・。

 ただ,たまたまスノボを始めた時期で,板がレガシィのトランクにイマイチしっくり収まらなかったので,試しにつけてみました。

 それが・・・,

  大活躍 ♪

 夏の北海道旅行では,トランク+ルーフボックスまで満載で2,400km走破。(おかげで荷重変化に強い,エアサスかハイドロが欲しくなりましたが・・・)

 レガシィのトランクがワゴンの割にスタイル重視でイマイチ広くないのもナンですね。妻の実家からの帰りには野菜やら何やら満載な事も多く,特にトノカバー下の高さが足りないのとセパレーションネットが(オプションでも!!)ないのが不満。容量Upはありがたいです。

 ですが,一番の利点は・・・,

 ”よごれ物とそれ以外を区別できること”
 
 キャンプのときはBBQコンロや炭,テントなど,スノボの時はもろに板とブーツ。
 これらを区別して収納できるのがものすごく便利で,我が家の生活スタイルにジャストフィットであることが判明!!いまや,なくてはならないアイテムになってしまいました。

 運転することを考えると,やはりミニバンやSUVに比べてステーションワゴンは抜群に快適。それにルーフボックスのユーティリティが加わると,こんなにメリットがあるとは思いもしませんでした。

 実はレガシィ購入時,エクストレイルと悩みました。ウォッシャブルラゲッジと防水シートが魅力で。なんたって,泥だらけは当たり前の小僧ども,アクティブな若者向けでなく,育児世代向けの車として最高なんじゃないかと思います。

 実際(旧型でしたが)走らせたら,高速走行がへろへろだったので即落選したのですが・・・。

 でもルーフボックスを使って目からうろこ。

 いくらラゲッジがウォッシャブルで,よごれた物も載せられても,他の物と区別できなきゃ意味無いです。つまり,2人乗りで考えればエクストレイルの考え方はアリですが,ファミリーユースでアウトドアライフを考えると不十分。

 スノボ後の着替え(洗い物)を袋詰めすると,においもアレですが,これも屋根行きで解決。

 ルーフボックスのユーティリティ,ブラボーです。

 レガシィの次は,高速もイケるSUVかなぁ,なんて考えていましたが,ステーションワゴン+ルーフボックスは,一つの理想型かもしれない・・・,と思う今日この頃です。 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。